カテゴリー
未分類

1.

これまでも、試行錯誤しながら、ネットで情報を探しながらはじめは、Raspberry-PiでWEBサーバを作ったのが、2014年。

Apacheベースで最初のWEBサーバが出来、当時はホームページビルダーでコンテンツを作成したのが、最初でした。

8GBのSDカードにOSを入れて初めての構築でした。

そのOSはDebian系のLinuxに似ていたので、それからHPの中古Linuxサーバを購入し、Debianを入れ複数のWebサイトを作りました。細かいことは省略しますが、WebサーバーソフトはNginxに変わりました。今はDebian10(Buster)上でWordpressでホームページを作っています。

そしてそのサイトのSSL化を目指しています。

1台のWebサーバーに複数のサイトを構築していますが、nginx.confに変更を加えると、全てのサイトに影響してしまいます。

何をしたかも憶えていません。

変更するまえに、nginx.confと複数サイトを定義しているdefault.confをバックアップはしました。

Let’sEncriptによる証明書の取得や、設定、証明書の再取得をcrontabに設定したりもしたのですが、一部設定が悪くhttpsでアクセスすると、nginxで404や405のエラーがでます。

一度、httpsでアクセスすると、URLをhttp

にしてもhttpsにリダイレクトしてしまい、404だか405のエラーになってしまいます。

バックアップしていた設定ファイルに戻しても、httpがhttpsに強制的に変換されてしまいます。

これは、端末のキャッシュをクリアすることで回復しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です