カテゴリー
未分類

wordpressの新サイト作成❶

実験用のサイトを作ります。

wordpressの最新版をダウンロードして展開することも出来ますが、既に運用しているサイトのwordpressをコピーする方が簡単です。

作業はrootで実施です。

設定場所は/home/www/SSL-TESTにします。

cp -r /home/www/ZZZ/* /home/www/SSL-TEST

編集するファイルは/home/www/SSL-TEST/wp-config.php

vi /home/www/SSL-TEST/wp-config.php

<?php
/**
* WordPress の基本設定
* このファイルは、インストール時に wp-config.php 作成ウィザードが利用します。
* ウィザードを介さずにこのファイルを “wp-config.php” という名前でコピーして
* 直接編集して値を入力してもかまいません。
* このファイルは、以下の設定を含みます。
* * MySQL 設定
* * 秘密鍵
* * データベーステーブル接頭辞
* * ABSPATH
* @link http://wpdocs.osdn.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86
*
* @package WordPress
*/
// 注意:
// Windows の “メモ帳” でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.osdn.jp/%E7%94%A8%E8%AA%9E%E9%9B%86#.E3.83.86.E3.82.AD.E3.82.B9.E3.83.88.E3.82.A8.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.BF 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。

// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define( ‘DB_NAME’, ‘XXX‘ );

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( ‘DB_USER’, ‘root‘ );

/** MySQL データベースのパスワード */
define( ‘DB_PASSWORD’, ‘YYYYYYY‘ );

/** MySQL のホスト名 */
define( ‘DB_HOST’, ‘localhost’ );

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define( ‘DB_CHARSET’, ‘utf8mb4’ );

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define(‘DB_COLLATE’, ”);

/**#@+
* 認証用ユニークキー(一意) な文字列に変更してください。
* {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
* 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
*
* @since 2.6.0
キー定義はユニクなあたいを設定 僕の場合sultキーを生成するサイトで吐き出してもらいます*/

define(‘AUTH_KEY’, ‘_qQR1Vbxk|4tu}I2%x2K/yyD9;CkaDQcTZGKQ$a@W5)S te4`JoYDzrjr#|?QSCt’);
define(‘SECURE_AUTH_KEY’, ‘@;|+pEfBI2+&,tOJE~5dB26i3%,-%YT;u^GtmN8vSN?5N=XGtFhQSl578|~n/P)^’);
define(‘LOGGED_IN_KEY’, ‘4)+i0k2R /I+ShpzXCulD_wG@Z|X{-oNm5`-nrakgHG 0-80tz%cBl:F(jN@C<5+’);
define(‘NONCE_KEY’, ‘k|2Z)Vc,1+%:oDvb`;mPlv)O_R2!`ga2%IZ^ZrF:gK;-[?k)>q+m[]fW`z@J]3>r’);
define(‘AUTH_SALT’, ‘PofbBFIx>Kh)w-1}`TqP=&H/U8R^VDBlD StD)D$?qp K[Q} q#sp3sJXDt|CZq.’);
define(‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘~[, {.*R1 Yv3ZWBT+(+-)j~m,pnh5+;*T)ZGU< -y)`/FmGvnt2,EI^{tp8|]ut’);
define(‘LOGGED_IN_SALT’, ‘-A*5y-Pq+A>4Jsb)MIyE-F 4L,H^DZ%N-pa#oj=>sZM5d%#+Ck&~dp-d?*FI&5Y*’);
define(‘NONCE_SALT’, ‘oN=Ph)[./E?4H.$4d:>x5g<}3mOUWPjs_hR%5A[MY_O7c2m7?1S*jzqk<Z #o=bl’);

/**#@-*/

/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix = ‘wp_000s’; 

/* この値をユニークにすることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。

/**
* 開発者へ: WordPress デバッグモード
*
* この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
* テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
*
* その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
*
* @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
*/
define(‘WP_DEBUG’, false);
define(‘FS_METHOD’,’direct’);

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でのパブリッシングをお楽しみください。 */

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined(‘ABSPATH’) )
define(‘ABSPATH’, dirname(__FILE__) . ‘/’);

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です